3/25 第177回 通常例会記録

3/25土曜日、第177回例会はお二人のゲストを迎え総勢19名で行われました。

 

今日のトーストマスター(司会)はG井さん。

昨日過ごされたプレミアムフライデーを引き合いに出され、

今日の例会をプレミアムなものと思って参加しようとの呼びからのスタートでした。

「今日の言葉」も「一期一会」と最初からなんだか特別な会となりそうな予感がします。

 

まずは市川スマイルトーストマスター恒例のGood&Newから。

最近あった良いこと、新しいことの紹介です。

その中で今日お忙しい中駆けつけてくださったI井さんからは、

パイロットの試験に合格されたことの報告がありました。おめでとうございます!!

 

次のテーブルトピックはわがクラブco-founderのJ見さんより、

5つのトピックをいただきました。

卒業をモチーフに卒業式、卒業の歌から人生の卒業(?)まで、

バラエティ豊かなトピックに皆さんドキドキしながらも

しっかりテーマに沿ったスピーチを披露されました。

 

さあメインイベントの準備スピーチです。

 

一人目はN山さん。「金融リテラシー」というテーマです。

学校では学べないけど大事な「資産運用の知識」を身につけるべく、

どこから手を付ければよいか分からないなりに考え

セミナーに参加されるなど奮闘されたお話でした。

東証で行われる女性初心者向けのイベントにも参加され

その様子がTVのニュースでも取り上げられたというエピソードが印象的でした。

#後でお話を伺ったら、金運を上げるために黄色の服を着ていかれたそうです。

2回目とは思えないくらい堂々とされたスピーチでした。

 

二人目はKリンさん。CC#4表現方法というむつかしい課題に挑戦です。

テーマは「私たちを幸せにしてくれるものは何?」。

スピーチもこの問いかけから始まり、ゆったりと間を取りながら

心理学者ロバート・ウォールディンガーの研究結果と共に

ご自身の考えをお話されました。

「富があれば家族と友達と一緒に様々なことができる、でも

 そういった人たちがいなかったらどうでしょう?」

人間関係の重要性を逆説的に示されました。

スピーチで印象的だったのはメモを使わず研究結果の内容を

すらすらと引用されていた事です。論評でも挙がっていましたが

たくさん練習された跡がうかがえました。

 

3人目のスピーチはT中(ま)さん。テーマは「未定」。

未定ではなく「未定」がテーマです。

 

冒頭の「あーーどうしよう!!(>へ<)」と

頭を抱えた身振りからのスタートに聞き手も引き付けられます。

なんと二日前まで内容が決まっておらず、そこから急いで準備したとのスピーチ。

「メモなんか見ないよ、だって作ってないもの」といたずらっぽく話す姿が素敵です。

お話の内容はまさに「未定」がテーマで、座右の銘は「予定は未定」と言うくらい

未定に矜持を持つ(?)T中さんが「未定」のメリットをウィットも入れつつお話します。

「計画的偶発性」というキャリア論も飛び出し、「そこで大事なのは5つのポイント、

あれとこれ、でも4つ目以降は今思い出せないのできっとそれほど重要じゃないよー」とのお話にこのスピーチのいったいどこまでが予定通りだったのかどれがアドリブなのか、見事煙に巻かれた楽しいスピーチでした。

 

 

最後のスピーチはH松さんの「赦すということ」。

こちらもCC#9 「パワフルな説得」という難しい課題です。

誰かを許せない気持ちを抱え、復讐や相手を避けたりすることが結局は自分を傷つけていること、その感情を克服し相手を赦すことの素晴らしさを、イランで起きた実話やご自身の体験より表現されました。非常に重厚なテーマですが、殺人犯を赦した母親の行動を身振りを加え熱く語り、また赦すことによる穏やかな気持ちを落ち着いた口調で語ることで静と動両面からパワフルに説得(=納得)させられた見事なスピーチでした。

 

今回特にどのスピーチも素晴らしく、一回限り、まさに一期一会な会だったと思います。

 

最後は受賞者発表です。 

 

・頑張った大賞        :I井さん

・最優秀テーブルトピック賞 :T田さん O室さんのダブル受賞です!

・最優秀論評賞       :M井さん

・最優秀スピーチ賞      :H松さん

 

次回例会は2017年4月8日(土)の17時30分より、JR市川駅の市川市I-linkルームにて行います。いつでもゲスト大歓迎、皆「スマイル」でお迎えしますのでご興味のある方はぜひご参加ください。