第221回市川スマイルTMⅭ例会記録

例会記録です。
例会記録

 

221回例会は、久々の参加となったKりんさんの会長挨拶から始まりました。

 

本日のゲストは3名。初参加のI沢さん。市川スマイルの所属するエリア44のディレクターFのさん。5月に開催されるトーストマスターズの全国大会の実行委員長のM脇さんです。ゲストを含めて多くの方に参加していただき、大変にぎやかな例会になりました。

 

さて、今夜のトーストマスターは前会長のH松さんです。例会の開催にあたって多くの準備をしていただき、本日の例会を成功に導いでくださいました。いつもありがとうございます。

 

今日の言葉のコーナー。ピックアップした言葉を例会の中でなるべくたくさん使って、メンバーの語彙・表現のバリエーションを増やそうという趣旨のコーナーです。本日の担当はH川さん。選んだ言葉は「豪華絢爛」です。

 

続いては、Good and Newのコーナー。各メンバーが24時間以内にあった「良いこと」「新しいこと」を気軽に発表していきます。スピーチに入る前のウォーミングアップ的なコーナーです。メンバーの皆さんの近況がわかったり、「お茶の水駅にエスカレータが設置された」といった、普段の風景の中におこった、ちょっとした新しい出来事に気づくことのできるとても楽しいコーナーです。他のトーストマスターズくらぶにはない、市川スマイルのオリジナルコーナーになりますので、興味のある方は、是非ゲスト参加してみてください。

 

次は、テーブルトピックのコーナー。これは即興のスピーチを練習するコーナーで、テーブルトピックマスターの出すお題に、指名された人が1分から2分のスピーチで答えます。今夜のテーブルトピックマスターはKりんさんです。トピックはすべて五感にまつわるものでした。(残念ながら時間の都合上4つになってしまいましたが。。。)平成も今年で終わりということで、「平成30年を、触る・見る・匂う・聴く、で振り返る」というのが今夜の質問でした。ゲストのI沢さんも果敢にチャレンジされ、なんとベストテーブルトピック賞を受賞されました。

 

さて、本日の準備スピーチは3名です。

 

最初のスピーカーはY政さんで、タイトルは「服に気を使うことのススメ」気を使う前後の写真を巧みに使って説得力のあるスピーチでした。とくにBeforeの写真は、パイレーツオブカリビアンの海賊みたいで、なかなかの迫力でした。

 

2番目のスピーカーはI葉さん。タイトルは「20年前の不思議」ご自身がメンタルの不調から回復されたときの経験を話していただきました。いつも通りの落ち着いた口調と適度な間が効果的で、思わず聞き入ってしまう内容でした。

 

最後は、久々の登場のK村さん。タイトルは「アートとデザイン」様々なアート・デザインの実例をスライドを使って紹介していただきました。普段何気なく見過ごしてまう、製品や街並みにも様々なデザインの工夫がされているのだなと認識を新たにしました。

 

論評の部は、それぞれのスピーカーの良かったところと、今後のスピーチの際の改善のアドバイスを論評者の方から発表していただきました。特にT橋さんによるK村さんのスピーチの論評は、鋭いところをついていて、なかなか厳しめの論評でしたが、愛を感じられる素晴らしい指摘でした。

 

論評のコーナーは、総合論評のG井さんです。実は初めての総合論評とのことでしたが、スムーズな進行と各役割へのフィードバックは見事でした。文法係からの報告はFのさん。普段何気なく口にしてしまう「~したいと思います」「~させていただく」を撲滅しようという指摘は、痛いところを突かれた感じですが、スピーチに説得力を持たせるためには重要なポイントです。

 

最後に本日の受賞者は、

 

頑張った大賞:ゲストにI沢さん

ベストテーブルトピック賞:I沢さん、M脇さん

ベスト論評賞:T橋さん

ベスト―スピーカー賞:I葉さん

 

でした。

 

第220回市川スマイルTMⅭ例会記録

例会記録です
例会記録
例会記録です
例会記録
例会記録です
例会記録

 

本日の開会の挨拶は教育担当副会長のT中さん。

 2019年初めての例会、皆さんで盛り上げて行きましょう!」と熱い挨拶で始まりました。

 

そして本日の司会は私、H松が担当です。

年男ということで、「実はイノシシ年は日本だけなんです!他の国では豚年なんですよ!」と謎のトリビアを共有させていただきました。

 

今日の言葉は、会員担当のH川さんです。

選んでいただいた言葉は「蟻の思いも天に昇る」です。

意味は「地をはって歩く蟻のような小さな虫でも、一心に努力すれば、その願いは天にまで達する」という意味とのこと、詩の一節のような素敵な言葉です。

「蟻の思いも天に届く」とも言うそうです。

 

GoodNewのコーナーでは、24時間以内にあった良かったこと、新しいことを紹介します。

本日は時間もあり、全員のエピソードを聞くことができました。

中には、悪い出来事があっても前向きな方向で考えて、グッドとして発表された方もいらっしゃいました。

市川スマイルは前向きな方で溢れていますね(^^)

 

本日のテーブルトピックマスターはスピーチ後のコメントに定評のあるK栖さんです。

本日もどのようなコメントをいただけるか楽しみですが、テーマのみのご紹介とさせていただきます。

各テーマはこちらです

「もしあなたが100億を持っていたら何に使いますか?」

「あなたが大成功した話、または大失敗した話は何ですか?」

「車に関する面白い話、事件があったら教えてください」

「あなたのストレス解消法を教えてください」

「あなたの思い出に残ってる嘘を教えてください」

日産自動車の元会長、カルロス・ゴーン氏のニュースをもとに、5つの質問を考えていただきました。

 

テーブルトピックコーナーの後は、メインの準備スピーチのコーナーです。

 

最初のスピーカーは、先月入会したSヒョンさんのアイスブレイクスピーチで、

タイトルは「円、不便だと思ったことある?」

日本札は実は他の国よりサイズが大きい、お財布にスッキリ収まらない。

実際に様々な国のお札を使って、実演しながら日本札の問題点を共有していただきました。

更には銀行のサービスに対する改善まで踏み込んだり、Sヒョンさんの観察力の鋭さに驚かれました。

今日の言葉もしっかり取り入れて、初めてと思えない落ち着きのあるスピーチでした。

次回も楽しみですね!

 

cc9 パワフルな説得

インプットからアウトプットへ

皆さん、オススメの本を教えてください。

自宅に持っている本を一冊取って、内容を説明してみる。これがなかなか難しい。

セミナーで学んだアウトプットの大切さを分かりやすい構成で教えていただきました。

本を読んだら書き出してみる。

本の内容を人と共有する。

本の内容を使ってみる。(実践してみる)

この3ステップで、記憶が定着するそうです。

そして、もう一つの4ステップ目は、SNSやブログなど、インターネットの活用です。

他人と共有する意味がないと感じていたG井さん、セミナーを受けてからはアウトプットするための有用なツールだと考えるようになったそうです。

楽しくて為になるG井さんらしいスピーチでした。

 

最後のスピーカーはサザンビーチTMCよりコンテストスピーチの練習に来ていただきましたN村さんです。

タイトルは『運命の人』。コンテストスピーチなので内容には触れませんが、タイトルの通り心温まるエピソードを共有いただきました。

昨年も練習に来ていただいたのですが、昨年よりもスピーチに磨きがかかっており、N村さんの成長を感じたスピーチでした。

詳細を知りたい方はサザンビーチTMCN村さんの応援に行きましょう!

 

準備スピーチのあとは、論評のコーナーです。

 

論評コーナーの司会は、総合論評のTTさん、「トーストマスターズでは、論評によって様々な意見を取り入れることができます。」とトーストマスターズのメリットを伝えていました。

 

1人目の論評者はIKさんです。安心感のある自然な話し方でSヒョンさんをスマートに褒めていました。

2人目の論評者はU井さんです。G井さんの希望を休憩中に聞いて、改善点を多めに論評していました。

最後の論評者はM田さんです。N村さんはコンテストスピーチですので、コンテスト基準に沿った改善点を時間いっぱい、盛り沢山で伝えていました。

どの論評者も型にはまらず、スピーカーのための論評を意識されていて、

スピーチだけでなく、論評もレベルの高さを感じた例会となりました。

 

最後は受賞者発表です!

 頑張った大賞:K島さん

ベストテーブルトピック賞:U井さん

ベスト論評賞:M田さん

ベストスピーカー賞:G井さん

 

受賞者の皆さま、おめでとうございます!

 

例会の参加人数は少なめでしたが、その後の懇親会では参加率が高く、10名も参加していただき、大変盛り上がりました^_^

 

市川スマイルトーストマスターズクラブでは、

毎月第2、第4土曜日の17時半よりJR市川駅の市川市I-linkルームにて例会を開催しております。

見学無料で、随時受け付けておりますので、お気軽にご参加ください。