第226回市川スマイルTMⅭ例会記録

 

2019年4月13日に市川スマイルトーストマスターズクラブの第226回例会が開催されました。

 

今回のレポート担当、T中です。

 

本日もKりん会長の挨拶で例会がスタートしました。

 

本日の司会(TMOE)は、私T中です。

入学式のシーズンということで、東京大学の入学式での上野千鶴子さんの祝辞を取り上げました。

 

最初のコーナーは、今日の言葉。

会員の語彙を増やすために、選ばれた言葉をなるべくスピーチの中に取り込んでいこう!という趣旨のコーナーです。

担当は、私T中です。

選んだ言葉は「多様性」

先程の上野千鶴子さんの祝辞のなかで触れられていた言葉を選んでみました。

 

さて、本日の例会のなかで、何回使われるでしょうか?

 

・計時係=スピーチの時間を計測し、スピーカーが時間内にスピーチを完了できるように手助けをする

・集計係=投票用紙を回収し、ベストスピーカー・ベストテーブルトピックスピーカー・ベスト論評を決定する

・えーとカウンター=スピーチ中の「えーと」「あのー」のような不要な言葉を発した回数を計測し、報告する

・文法係=スピーチに文法の誤りがないかをチェックし、報告する。また素晴らしい表現があれば合わせて報告する

 (本日は参加者が足りなかったため、全員で役割をすることになりました)

・リアクションリーダー=スピーカーが緊張しないように場を盛り上げる

 いう、各ヘルパーの役割紹介がひと通り終わったら、続いてはGood and Newのコーナー。

 

スピーチ前のウォーミングアップとして、参加者が順に24時間以内にあった「良いこと(Good)」や「新しいこと(New)」を発表するコーナーです。

ちなみに私T中は、前日が誕生日でした。

 

このページを初めて訪れた方は、トーストマスターズクラブ=スピーチの練習をする場所。

スピーチ=予め準備をしてから発表をする。と思われている方も多いかもしれません。

ですが、トーストマスターズクラブでは、それだけではなく、即興スピーチの練習もします。

 

れは、テーブルトピックと呼ばれていて、その日の担当(テーブルトピックマスター)が出すお題に、指名された人が即興で1分から2分のスピーチで答えるというコーナーです。

 

本日のテーブルトピックマスターは、H川さんでした。

新元号発表のあとということもあり、平成・令和にまつわるお題を出題しました。

- 平成で一番心に残っているニュース

- 平成になって、よくなった・進化したと思うこと

- (令和の元となった和歌にちなんで)どちらかを選ぶとしたら、梅の花見と桜の花見どちら

- 初春の令月にして気よく風和らぎ、にちなんだ思い出

- 令和時代になったら何をしたい

 

本日は、ゲストが2名いらっしゃいましたので、ゲストの方にも回答をいただきました。即興のスピーチは会員でも、なかなか回答が難しいと言われているので、ゲストの方は指名されても拒否権があります。

にも関わらず、2名とも果敢にチャレンジされ、なんと本日のベストテーブルトピックスピーカは、ゲストのT田さんでした。(おめでとうございます!)

 

そして、本日のメインイベント、準備スピーチのコーナーがはじまります。

 

最初のスピーカは、K村さん。

タイトルは「哲学カフェ」。

当日の午前中に、自らがお手伝いをされた哲学カフェについてのスピーチ。

K村さんらしい軽妙な語り口で、馴染みの少なかった哲学カフェについて伝えていただきました

 

つづいてK会長のスピーチ。

タイトルは「パステルの魅力」

ご自身で描かれたパステル画を何枚か実際にお持ち頂きました。

パステル画を初めて数ヶ月とのことでしたが、とても美しい絵でした。

 

最後は、秋葉原TMCYさんのスピーチ

タイトルは「最強のメンター」

翌日のディビジョンDコンテストの練習スピーチでした。

さすが!エリアコンテストを勝ち抜いたスピーチ!ご自身の経験を踏まえた説得力のあるスピーチでした。

 

トーストマスターズクラブはスピーチについて学ぶクラブですが、スピーチの先生はいません。

スピーチの先生はいません。大事なことなので2回言いました。

 では、どうやって学ぶのか?

 

その答えが、論評のコーナーとスピーチのマニュアルです。

 

会員が、論評というフィードバックをお互いにおこなうことで、スピーチの良かったろころと、改善点の指摘をすることでスピーチーの能力を向上させていきます。

 

本日は、OSさん、T橋さんが、それぞれのスピーカーへ、納得感のある論評をされていました。

そして、例会全体の振り返りを総合論評のO内さんに丁寧に行っていただきました。

 

最後に、えーとカウンター、文法係、今日の言葉からの報告の後、あと受賞者発表のコーナーとなりました。

本日の受賞者は、

頑張った大賞 ゲストのTさん

ベストテーブルトピックスピーカー ゲストのTさん

ベスト論評賞 T橋さん

ベストスピーカー賞 K琳さん

 

でした。

 

おめでとうございます。

 

 

 

第225回市川スマイルTMⅭ例会記録

 

2019年3月23日に市川スマイルトーストマスターズクラブの第225回例会が開催されました。

 

今回のレポート担当、T中です。

本日は会長不在のため、教育担当副会長の挨拶で例会がスタートしました。

 

最初のコーナーは、今日の言葉。

 

会員の語彙を増やすために、選ばれた言葉をなるべくスピーチの中に取り込んでいこう!という趣旨のコーナーです。

 

本日の担当は、私T中です。

選んだ言葉は「門出(かどで)」。

3月といえば、卒業シーズン。新たな旅立ちの季節ということでこの言葉を選びました

さて、本日の例会のなかで、何回使われるでしょうか?

 

続いては、各ヘルパーの役割紹介です。

トーストマスターズクラブの例会を成立させるためには、様々な役割の人たちの協力が必要です。

 

その役割とは、

・計時係=スピーチの時間を計測し、スピーカーが時間内にスピーチを完了できるように手助けをする

・集計係=投票用紙を回収し、ベストスピーカー・ベストテーブルトピックスピーカー・ベスト論評者を決定する

・えーとカウンター=スピーチ中の「えーと」「あのー」のような不要な言葉を発した回数を計測し、報告する

・文法係=スピーチに文法の誤りがないかをチェックし、報告する。また素晴らしい表現があれば合わせて報告する

・リアクションリーダー=スピーカーが緊張しないように場を盛り上げる

 

通常は、役割担当のメンバーが、その場で起立して説明をするのですが、本日はH松さん、M田さんは、前に出て皆さんに向かって説明するという取り組みをされていました。

 

続いてはGood and Newのコーナー。

 

スピーチ前のウォーミングアップとして、参加者が順に24時間以内にあった「良いこと(Good)」や「新しいこと(New)」を発表するコーナーです。

 

スピーチの練習をしようと思って一人カラオケにいったけど練習は。。。

転職前の有給をエンジョイ

休日出勤だったけど、経費で美味しいラーメン

美味しいケーキ屋さん

 

などなどの報告がありました

 

このページを初めて訪れた方は、トーストマスターズクラブ=スピーチの練習をする場所。

スピーチ=予め準備をしてから発表をする。と思われている方も多いかもしれません。

ですが、トーストマスターズクラブでは、それだけではなく、即興スピーチの練習もします。

 

これは、テーブルトピックと呼ばれていて、その日の担当(テーブルトピックマスター)が出すお題に、指名された人が即興で1分から2分のスピーチで答えるというコーナーです。

 

本日のテーブルトピックマスターは、Sさんでした。

 

初めてのテーブルトピックマスターかつ、急遽50分もの時間を埋めなければいけなという状況のにも関わらず、上手くまとめてくださいました。

また、ゲーム好きのSさんらしく、ゲームの勝敗でスピーカーを選ぶという斬新なアイデアもとても良かったです。

 

1.ラーメンのトッピングをひとつだけ選ぶとしたら何にしますか?

2.紹介するゲームを一つ選ぶとしたら何にしますか?

3.人生の中で上手くいかなかった選択はなんですか?

4.一番記憶に残っている音楽は何ですか?

5.朝9時に出社して照明をつけ、夕方5時に照明を消すだけ、それ以外の時間で何をしてもよい。それで26万円貰える仕事があったら引き受けますか?

6.30%の確率で1億円もらえる、90%の確率で100万円もらえる。どちらを選びますか?

 

ゲームの敗者が回答するというルールなので、なんとT橋さんが2回連続で回答するという珍事が発生!

 

そして、本日のメインイベント、準備スピーチのコーナーがはじまります。

 

最初のスピーカは、クラブコンテストで優勝されたG井さん。

タイトルは「ライフワーク」

G井さんらしい、真面目なスピーチで、G井さんの仕事への真摯な向き合い方が感じられるスピーチでした。

 

つづいてK村さんのスピーチ。

タイトルは「トマトの会社さん」

この有名なトマトの会社さんを知ることになった背景、具体的なデータなどを示しつつ、この会社の素晴らしさをわかりやすく伝えるとても素晴らしいスピーチでした。

すでにとても有名な会社さんですが、改めて親近感が湧いてきました。

ただ、残念なことにK村さん自身はトマトが苦手だそうです。

 

本日もベテランのA國さん、T橋さんが、それぞれのスピーカーへ、具体的かつ愛のある論評をされていました。

 

また、総合論評のH川さんには、本日の例会を最初から最後まで丁寧で具体的なフィードバックを行っていただきました。

 

最後に、えーとカウンター、文法係、今日の言葉からの報告の後、あと受賞者発表のコーナーとなりました。

 

本日の受賞者は、

頑張った大賞 Sさん

ベストテーブルトピックスピーカー T橋さん

ベスト論評賞 T橋さん

ベストスピーカー賞 K村さん

でした。

 

おめでとうございます。

 

P.S.

例会後の懇親会もトーストマスターズのたのしみの一つです。

本日も近くの居酒屋で懇親会を実施しました。

そして巻き起こるミステリー

「カッサータそしてガトーショコラ消失の謎」

犯人は、K.ゴーイ

気になる方はぜひ次回例会にご参加ください。

 

 

 

第224回市川スマイルTMⅭ例会記録

 

2019年3月9日に市川スマイルトーストマスターズクラブの第224回例会が開催されました。

 

今回のレポート担当、T中です。

 

本日もKりん会長の挨拶で例会がスタートしました。

 

最初のコーナーは、今日の言葉。

 

会員の語彙を増やすために、選ばれた言葉をなるべくスピーチの中に取り込んでいこう!という趣旨のコーナーです。

 

 担当は、K島さんです。

K島さんの選んだ言葉は「折り紙つき」。

折り紙といっても、子供が遊びに使う折り紙ではありません。

 「鑑定書」「証明書」といった意味合いの昔の言葉で、折り紙がついている=しっかりとした、確かなという意味になります。

さて、「折り紙つき」本日の例会のなかで、何回使われるでしょうか?

 

・計時係=スピーチの時間を計測し、スピーカーが時間内にスピーチを完了できるように手助けをする

・集計係=投票用紙を回収し、ベストスピーカー・ベストテーブルトピックスピーカー・ベスト論評者を決定する

・えーとカウンター=スピーチ中の「えーと」「あのー」のような不要な言葉を発した回数を計測し、報告する

・文法係=スピーチに文法の誤りがないかをチェックし、報告する。また素晴らしい表現があれば合わせて報告する

・リアクションリーダー=スピーカーが緊張しないように場を盛り上げる

 

 という、各ヘルパーの役割紹介がひと通り終わったら、続いてはGood and Newのコーナー。

 

スピーチ前のウォーミングアップとして、参加者が順に24時間以内にあった「良いこと(Good)」や「新しいこと(New)」を発表するコーナーです。

 

ちなみに私T中は、Newなこととして「午前中に、とある検定試験を受けた」話をしましたが、先日合格発表がありまして、NewだけではなくGoodなことでもあったことが判明しました。

 

このページを初めて訪れた方は、トーストマスターズクラブ=スピーチの練習をする場所。

ピーチ=予め準備をしてから発表をする。と思われている方も多いかもしれません。

ですが、トーストマスターズクラブでは、それだけではなく、即興スピーチの練習もします。

これは、テーブルトピックと呼ばれていて、その日の担当(テーブルトピックマスター)が出すお題に、指名された人が即興で1分から2分のスピーチで答えるというコーナーです。

 

本日のテーブルトピックマスターは、私T中でした。

3月ということで、卒業にまつわるお題などを出題しました。

本日は、ゲストが2名いらっしゃいましたので、ゲストの方にも回答をいただきました。

即興のスピーチは会員でも、なかなか回答が難しいと言われているので、ゲストの方は指名されても拒否権があります。

にも関わらず、2名とも果敢にチャレンジされ、なんと本日のベストテーブルトピックスピーカは、ゲストのH川さんでした。(おめでとうございます!)

 

そして、本日のメインイベント、準備スピーチのコーナーがはじまります。

最初のスピーカは、クラブコンテストで優勝されたH松さん。

 

タイトルは「かいかもじかもー」という謎ワード。

ですが、その内容はH松さんらしい、愛にあふれるスピーチでした。

 

つづいてSさんのスピーチ。

タイトルは「Radio AKB

ユニークなスタイルのアイスブレーカー(自己紹介)スピーチで、会場に大きな笑いが巻き起こりました。

 

最後は、T橋さんのスピーチ

タイトルは「本番」

T橋さんが、普段仕事にどのように取り組んでおられるかが垣間見えるスピーチでした。

 

トーストマスターズクラブはスピーチについて学ぶクラブですが、スピーチの先生はいません。

スピーチの先生はいません。大事なことなので2回言いました。

では、どうやって学ぶのか?

 

その答えが、論評のコーナーとスピーチのマニュアルです。

 

会員が、論評というフィードバックをお互いにおこなうことで、スピーチの良かったろころと、改善点の指摘をすることでスピーチーの能力を向上させていきます。

 

本日もベテランのM井さん、会長のKりんさん、前会長のH松さんが、それぞれのスピーカーへ、具体的かつ愛のある論評をされていました。

 

最後に、えーとカウンター、文法係、今日の言葉からの報告の後、あと受賞者発表のコーナーとなりました。

 

本日の受賞者は、

頑張った大賞 Tさん

ベストテーブルトピックスピーカー ゲストのH川さん

ベスト論評賞 M井さん

ベストスピーカー賞 Sさん

でした。

 

おめでとうございます。

 

クラブコンテスト

今日は、全国大会を目指す最初のクラブ内コンテスト例会でした。
3人の猛者が競う熱い戦い!
心あたたまるスピーチから、笑いのあるスピーチまで、有意義なひとときでした。
コンテストが終わると、参加資格証明書授与式
審査時間を利用した、出場者のインタビュー。
見目麗しいインタビュアーが会場を沸かせました。
出場者みんなで、記念写真!
クラブ内コンテストの優勝者、準優勝者が、それぞれ別のエリアコンテストに出場します。それに勝ち進むとディビジョンコンテスト、さらには全国大会が待ってます。全国大会めざしてがんばってください!

 

クラブコンテストの後はO河内Nさんによる、クラブの結束力を高める「ホメホメワーク」というワークショップを行い、みんな大盛り上がりでした。

 

クラブコンテスト
クラブコンテスト
クラブコンテスト
クラブコンテスト
クラブコンテスト
クラブコンテスト
クラブコンテスト
クラブコンテスト

第222回市川スマイルTMⅭ例会記録

例会記録です。
例会記録
例会記録です。
注)酔っ払いではありません。
例会記録です。
組体操 的な…。初見学の方まで巻き込んですみません(;´∀`)

 

本日の例会は、雪魄氷姿なK琳会長の挨拶からスタートし、

TMOE(司会)は私、H松が担当させていただきました。

 

今日の言葉を紹介してくれるのはK琳会長です。

語彙を増やすために、例会で積極的に使って貰う言葉を紹介します。

紹介してくれたのは冒頭にあった「雪魄氷姿(せっぱくひょうし)」梅の花のこと。または、清く澄んだ心を持った人の例えとして使います。

スピーチでは、後者の方で使えそうですね!

 

続いて、Good&Newのコーナー。

24時間以内にあった良かったこと、新しいことを共有するコーナーです。

スピーチの肩慣らしに丁度良く、場の雰囲気を温める効果もあります。

ゲストさんも、もちろん話していただけます。断ってもOKです^^

 

続いて、テーブルトピックのコーナーです。

テーブルトピックマスターのお題に対して、スピーチで回答していきます。

本日は、2名のマスターから2部に分かれてお題が出されます。

 

1部はユーモア溢れるTYさん。

29日は漫画の日ということで、漫画縛りのテーブルトピックスでした。

 

今回はどんな回答をされたかも簡単にご説明します。

 

「どこでもドアでどこにいきたい?(ドラえもん)」O内さん

 アンドロメダ星へいって、進んだ技術を手に入れたい。

 

 1億円を1週間で何に使う?(こちかめ)」I葉一さん

 ファーストクラスで世界一周旅行、月に行きたい、でもテレビには出たくないから、H松に出て欲しい()

 

「おすすめの漫画を教えてください。」N間さん

 火の鳥、サイボーグ009。宗教問題など様々な要素が盛り込まれていて為になる。

 

「シェンロンに願い事をするなら何?(ドラゴンボール)」H

 →亡くなった祖母に会って謝りたい。

 

「どんな職業についていたかったか」K琳さん

 →CAになって、世界中を旅したかった。

 

2部は初挑戦のK島さん。昔のご友人と久々に会ったそうで、その体験から考え付いたお題を出していただきました。

 

「学生時代の思い出」T中さん

広島の小学校で色々な体験をさせてくれる面白い先生がいた。

 

10年間で変わったこと」K栖さん

殆ど変わってません。でも、習い事の傾向が少し変わりました。現在、カメラを習っています。

 

10年後、どう変わりたいか」MTさん

気軽に火星に行きたい。地球を出て他の星に行きたい。

 

「人生に影響を与えた人は?」TYさん

仕事の経験など、お父さんの影響が大きかった。

 

続いて、メインの準備スピーチのコーナーです。

備準スピーチでは、マニュアルに沿ってスピーチを準備し、発表します。

 

スピーカーは秋葉原TMCMTさん。

タイトルは「最後の挨拶」。

マニュアルのプロジェクトはCC#4「表現方法」。

修辞的表現や、生き生きとした言葉使いを取り入れたスピーチになります。

3年前の海外留学の課題であった「私が仕事を引退する日のスピーチ」をオープニングで再現され、インパクトを与えていました。

更に10年前、高速道路で大事故を経験されたそうで、「残された人生をやりたいことをやろう」と決意したそうです。

その後、海外の大学院で学んだ経験や、トーストマスターズへ入会したことなど、意思決定の大切さを伝えていました。

特に「決断することで新しい出会いがある」という言葉が心に刺さりました。

 

準備スピーチのあとは、論評の部です。

司会はTMOEから総合論評者のT中さんへバトンタッチします。

トーストマスターでは、スピーチに対してメンバーが論評することで、良かった点、改善点を持ち帰り、次のスピーチに活かす事ができます。

 

MTさんのスピーチへの論評はK栖さんです。

オープニングの入り方が興味を引いていた。わかりやすいフレーズが入っていた。

空想から実際の話への流れなど、構成が良かった点を伝えていました。

改善点としては、フレーズの部分で、間を作ること、ボーカルバラエティの活用を伝えていました。

しっかり為になる改善点を伝えて、お手本のような論評でした。

 

続いて、T中さんの総合論評です。総合論評者が例会全体の論評をします。

中でも論評者の論評ができるのは総合論評者だけです。

今回は、特に丁寧に論評者への論評をされていたことが印象的でした。

他にも、テーブルトピックなど重要度の高い役割について、重点的に論評されていました。

初めての方や慣れていない方にも分かりやすい説明を織り交ぜ、丁寧な論評をされていました。

 

最後は、受賞者発表です!

がんばった大賞:N間さん

ベストテーブルトピック賞H

ベストテーブルトピック賞MTさん

ベスト論評賞:K栖さん

ベストスピーカー賞:MTさん

 

市川スマイルトーストマスターズクラブでは、毎月第2、第4土曜日の17時半より、

JR市川駅の市川I-linkルームにて例会を開催しています。

 

見学無料で、随時受け付けておりますので、お気軽にご参加ください。

 

 

 

第221回市川スマイルTMⅭ例会記録

例会記録です。
例会記録

 

221回例会は、久々の参加となったKりんさんの会長挨拶から始まりました。

 

本日のゲストは3名。初参加のI沢さん。市川スマイルの所属するエリア44のディレクターFのさん。5月に開催されるトーストマスターズの全国大会の実行委員長のM脇さんです。ゲストを含めて多くの方に参加していただき、大変にぎやかな例会になりました。

 

さて、今夜のトーストマスターは前会長のH松さんです。例会の開催にあたって多くの準備をしていただき、本日の例会を成功に導いでくださいました。いつもありがとうございます。

 

今日の言葉のコーナー。ピックアップした言葉を例会の中でなるべくたくさん使って、メンバーの語彙・表現のバリエーションを増やそうという趣旨のコーナーです。本日の担当はH川さん。選んだ言葉は「豪華絢爛」です。

 

続いては、Good and Newのコーナー。各メンバーが24時間以内にあった「良いこと」「新しいこと」を気軽に発表していきます。スピーチに入る前のウォーミングアップ的なコーナーです。メンバーの皆さんの近況がわかったり、「お茶の水駅にエスカレータが設置された」といった、普段の風景の中におこった、ちょっとした新しい出来事に気づくことのできるとても楽しいコーナーです。他のトーストマスターズくらぶにはない、市川スマイルのオリジナルコーナーになりますので、興味のある方は、是非ゲスト参加してみてください。

 

次は、テーブルトピックのコーナー。これは即興のスピーチを練習するコーナーで、テーブルトピックマスターの出すお題に、指名された人が1分から2分のスピーチで答えます。今夜のテーブルトピックマスターはKりんさんです。トピックはすべて五感にまつわるものでした。(残念ながら時間の都合上4つになってしまいましたが。。。)平成も今年で終わりということで、「平成30年を、触る・見る・匂う・聴く、で振り返る」というのが今夜の質問でした。ゲストのI沢さんも果敢にチャレンジされ、なんとベストテーブルトピック賞を受賞されました。

 

さて、本日の準備スピーチは3名です。

 

最初のスピーカーはY政さんで、タイトルは「服に気を使うことのススメ」気を使う前後の写真を巧みに使って説得力のあるスピーチでした。とくにBeforeの写真は、パイレーツオブカリビアンの海賊みたいで、なかなかの迫力でした。

 

2番目のスピーカーはI葉さん。タイトルは「20年前の不思議」ご自身がメンタルの不調から回復されたときの経験を話していただきました。いつも通りの落ち着いた口調と適度な間が効果的で、思わず聞き入ってしまう内容でした。

 

最後は、久々の登場のK村さん。タイトルは「アートとデザイン」様々なアート・デザインの実例をスライドを使って紹介していただきました。普段何気なく見過ごしてまう、製品や街並みにも様々なデザインの工夫がされているのだなと認識を新たにしました。

 

論評の部は、それぞれのスピーカーの良かったところと、今後のスピーチの際の改善のアドバイスを論評者の方から発表していただきました。特にT橋さんによるK村さんのスピーチの論評は、鋭いところをついていて、なかなか厳しめの論評でしたが、愛を感じられる素晴らしい指摘でした。

 

論評のコーナーは、総合論評のG井さんです。実は初めての総合論評とのことでしたが、スムーズな進行と各役割へのフィードバックは見事でした。文法係からの報告はFのさん。普段何気なく口にしてしまう「~したいと思います」「~させていただく」を撲滅しようという指摘は、痛いところを突かれた感じですが、スピーチに説得力を持たせるためには重要なポイントです。

 

最後に本日の受賞者は、

 

頑張った大賞:ゲストにI沢さん

ベストテーブルトピック賞:I沢さん、M脇さん

ベスト論評賞:T橋さん

ベスト―スピーカー賞:I葉さん

 

でした。

 

第220回市川スマイルTMⅭ例会記録

例会記録です
例会記録
例会記録です
例会記録
例会記録です
例会記録

 

本日の開会の挨拶は教育担当副会長のT中さん。

 2019年初めての例会、皆さんで盛り上げて行きましょう!」と熱い挨拶で始まりました。

 

そして本日の司会は私、H松が担当です。

年男ということで、「実はイノシシ年は日本だけなんです!他の国では豚年なんですよ!」と謎のトリビアを共有させていただきました。

 

今日の言葉は、会員担当のH川さんです。

選んでいただいた言葉は「蟻の思いも天に昇る」です。

意味は「地をはって歩く蟻のような小さな虫でも、一心に努力すれば、その願いは天にまで達する」という意味とのこと、詩の一節のような素敵な言葉です。

「蟻の思いも天に届く」とも言うそうです。

 

GoodNewのコーナーでは、24時間以内にあった良かったこと、新しいことを紹介します。

本日は時間もあり、全員のエピソードを聞くことができました。

中には、悪い出来事があっても前向きな方向で考えて、グッドとして発表された方もいらっしゃいました。

市川スマイルは前向きな方で溢れていますね(^^)

 

本日のテーブルトピックマスターはスピーチ後のコメントに定評のあるK栖さんです。

本日もどのようなコメントをいただけるか楽しみですが、テーマのみのご紹介とさせていただきます。

各テーマはこちらです

「もしあなたが100億を持っていたら何に使いますか?」

「あなたが大成功した話、または大失敗した話は何ですか?」

「車に関する面白い話、事件があったら教えてください」

「あなたのストレス解消法を教えてください」

「あなたの思い出に残ってる嘘を教えてください」

日産自動車の元会長、カルロス・ゴーン氏のニュースをもとに、5つの質問を考えていただきました。

 

テーブルトピックコーナーの後は、メインの準備スピーチのコーナーです。

 

最初のスピーカーは、先月入会したSヒョンさんのアイスブレイクスピーチで、

タイトルは「円、不便だと思ったことある?」

日本札は実は他の国よりサイズが大きい、お財布にスッキリ収まらない。

実際に様々な国のお札を使って、実演しながら日本札の問題点を共有していただきました。

更には銀行のサービスに対する改善まで踏み込んだり、Sヒョンさんの観察力の鋭さに驚かれました。

今日の言葉もしっかり取り入れて、初めてと思えない落ち着きのあるスピーチでした。

次回も楽しみですね!

 

cc9 パワフルな説得

インプットからアウトプットへ

皆さん、オススメの本を教えてください。

自宅に持っている本を一冊取って、内容を説明してみる。これがなかなか難しい。

セミナーで学んだアウトプットの大切さを分かりやすい構成で教えていただきました。

本を読んだら書き出してみる。

本の内容を人と共有する。

本の内容を使ってみる。(実践してみる)

この3ステップで、記憶が定着するそうです。

そして、もう一つの4ステップ目は、SNSやブログなど、インターネットの活用です。

他人と共有する意味がないと感じていたG井さん、セミナーを受けてからはアウトプットするための有用なツールだと考えるようになったそうです。

楽しくて為になるG井さんらしいスピーチでした。

 

最後のスピーカーはサザンビーチTMCよりコンテストスピーチの練習に来ていただきましたN村さんです。

タイトルは『運命の人』。コンテストスピーチなので内容には触れませんが、タイトルの通り心温まるエピソードを共有いただきました。

昨年も練習に来ていただいたのですが、昨年よりもスピーチに磨きがかかっており、N村さんの成長を感じたスピーチでした。

詳細を知りたい方はサザンビーチTMCN村さんの応援に行きましょう!

 

準備スピーチのあとは、論評のコーナーです。

 

論評コーナーの司会は、総合論評のTTさん、「トーストマスターズでは、論評によって様々な意見を取り入れることができます。」とトーストマスターズのメリットを伝えていました。

 

1人目の論評者はIKさんです。安心感のある自然な話し方でSヒョンさんをスマートに褒めていました。

2人目の論評者はU井さんです。G井さんの希望を休憩中に聞いて、改善点を多めに論評していました。

最後の論評者はM田さんです。N村さんはコンテストスピーチですので、コンテスト基準に沿った改善点を時間いっぱい、盛り沢山で伝えていました。

どの論評者も型にはまらず、スピーカーのための論評を意識されていて、

スピーチだけでなく、論評もレベルの高さを感じた例会となりました。

 

最後は受賞者発表です!

 頑張った大賞:K島さん

ベストテーブルトピック賞:U井さん

ベスト論評賞:M田さん

ベストスピーカー賞:G井さん

 

受賞者の皆さま、おめでとうございます!

 

例会の参加人数は少なめでしたが、その後の懇親会では参加率が高く、10名も参加していただき、大変盛り上がりました^_^

 

市川スマイルトーストマスターズクラブでは、

毎月第2、第4土曜日の17時半よりJR市川駅の市川市I-linkルームにて例会を開催しております。

見学無料で、随時受け付けておりますので、お気軽にご参加ください。