第196回市川スマイルTMC例会記録

 

皆様、2018年の滑り出しはいかがでしょうか?

 

 市川スマイルトーストマスターズクラブも、ゲスト2名を迎え、あとから飛び乗ったメンバーたちもしっかり捕まえて、H松会長指揮のもと、今年もおおらかに滑り出しました。40億年を生き抜いてきた面々の余裕のスタートです。

 

 第196回例会は、いつものように「今日の言葉」に始まり、「Good&New」(食前酒)、「テーブルトピック」(オードブル)、「準備スピーチ」(メインディッシュ)、論評と続きます。

 

 今年最初の「今日の言葉」は「虚心坦懐」。K山さんが選んでくださいました。「ピュアな心で物事を見る」という新年にふさわしい言葉です。

 

 「虚心坦懐」を旗印に始まった例会は、24時間以内に起こった良いこと、新しいことを語る「Good&New」(食前酒)へと進みます。♪輪になって、輪になって♪ 和やかな雰囲気でお互いを知る場でもあります。年の初めなので抱負も語り合いました。

 

 食前酒で口が滑らかになったところでテーブルトピック(オードブル)へ。T中さんがテーブルトピックマスターを務めます。即興スピーチならではのドキドキムードの中、バラエティに富んだお題が用意され、スピーカーは温かいリアクションに支えられて、それぞれの歩みで1~2分、スピーチの食感を楽しみます。

 

 そして、いよいよメインディッシュの準備スピーチへ。

 

 一番手はH松さんです。タイトルは「謙虚であること」。「謙虚」という切り口で、数々のエピソードを語り、ガッツ石松、松下幸之助、『ガッチャマン クラウズ』の魅力に迫ると同時に、謙虚であることの大切さの本当の意味をあぶり出しました。物事を深く見る努力をすることの大切さ、知らないことを知る大切さを思いました。「むずかしいことをやさしく、やさしいことを深く、深いことを面白く」という永六輔氏の名言を思い出させるスピーチでした。

 

 次はM井さんの登場です。タイトルは「シュバイツァーの人生」。実は『シュバイツァー』は、私が最初に読んだ伝記でした。川沿いの図書館の匂いと本の挿し絵を思い出しながら拝聴しました。ノーベル平和賞を受賞したシュバイツァーは、どんな人生を送ったのか、なぜすべてを捨ててアフリカに渡ったのか…… ひとつひとつのエピソードが適切な言葉選びと耳に心地よい調べによって見事に映像化されました。

 

 お二人のスピーチは、O内さん、T橋さんの温かく的確な論評にしっかりと支えられ、さらに例会全体を総合論評者のM田さんがパノラマの目配りで統括し大きく包みました。

 

 さて、お待ちかねのデザート! 受賞者の発表です。

ベストテーブルトピックスピーカー賞 K山さん

ベスト論評賞 T橋さん

ベストスピーカー賞 M井さん

でした!

 

196回例会はこれで幕を下ろしますが、

今日のトーストマスター(TMOE)であるH川さんの、随所で見せた心映えのよさが例会を静かに盛り上げていたことは言うまでもありません。

 

興味を持たれた方は、気軽にお運びください。

味見をどうぞ。

 

歓迎いたします。

 

続きを読む

第195回市川スマイルTMC例会記録

H松会長の開会の挨拶

2回連続欠席だった会長の待望の復活!

「参加者11名と若干少なめですが、今年最後の例会を盛り上げていきましょう」との気合い入れの言葉で例会スタート。

今日のゲストは、市川スマイルの所属するエリア46のディレクター岸村さん。スピーカーが少なかったところ、ゲストスピーカーを引き受けていただきました。ありがとうございます。

 

今夜のトーストマスターは、O室さんです、

なんと今年3回目!のTMOEとのことです。みなさんもぜひTMOEにチャレンジしてみましょう。

 

今日の言葉は、Tハオさんです。なかなか難しく、間違えやすい言葉をチョイスされました。

喧々囂々(けんけんごうごう) 沢山の人がやかましく騒ぐ様子

侃々諤々(かんかんがくがく) 正しいと思うことを堂々と主張するさま。また、盛んに議論するさま。 

ふりがながないと読めない。。。それにしてもこの漢字、これ以外の使い方をまだ見たことがないです。

喧々諤々とか、侃々囂々といったように間違えることが多いので気をつましょう。

 

ヘルパーの紹介では、リアクションリーダーK池さんのたとえ話を使った説明が秀逸でした。

リアクションリーダは、ほかのトーストマスターズクラブにはない、市川スマイルオリジナルの役割です。

ミュージシャンのライブでお客さんが冷めた人ばっかりだったら、演奏しずらいですよね。同様に、スピーチのときに聴衆が無反応だと話しづらいものがあります。そんなことにならないように、積極的にリアクションを返して、話しやすい雰囲気を率先して作るのがこの役割です。

 

さて、次も市川スマイルオリジナルのコーナーGood & Newです。

通常は24時間以内にあった出来事(New)特にいい出来事(Good)を披露しあうコーナーですが、今年は2017年最後の例会かつ時間が余り気味ということで、全員で24時間以内と2017年全体を通してのGood & Newをおこないました。

私自身は、占い師に手相を見てもらったところ、「大変縁起の良い手相として知られています。天下取りの相ともよばれる、ますかけ線」があることが判明しました。死ぬまでに天下取れるといいのですが。。。気長に待つことにしましょう。

 

つぎは、即興スピーチの練習の場、テーブルトピックスです。

このコーナーの進行はテーブルトピックスマスターのH松さん。

テーブルトピックスマスターに指名されたメンバーは、お題に対して即興でスピーチの内容を考え、1分以上2分30秒以内回答します。H末さんの素晴らしい采配で、年末のトピックかつGood&Newとかぶらないように3題。

1問目 今年一番頑張ったことは何ですか?

この問いに答えるのはT田さん。

反対する奥さんを、T田さんと息子さんの二人がかりで説得し、ついには猫を購入したばかりか、奥さんに「もう一匹飼いたい」といわせたとのこと。とてもパワフルな説得だったようですね。トーストマスターズの活動が活かされたのでしょうか?

 

続いて2問目 年末年始に楽しみにしていることは何ですか?

指名されたのは、M田さん。

毎年、奥さんの実家に帰省しているが、奥さんと奥さんの妹が両方ともキレやすいタイプで憂鬱だったが、妹さんが結婚してからは義理の弟(K太くん)という同志ができたとのこと。さらに紅白のラブライブをみていたら、センターがK太くんの同級生だったことが判明という驚きの展開!

ラブライブいいですよね。でもこの原稿を書いている私の推しはセンターではありません。

 

最後の質問は、(今が2018年末だと仮定して)2018年の一番のニュースは何ですか?

トリを務めるのは、2017年トーストマスターズでトリプルクラウンを達成(三つの賞を達成)したM井さん

M井さんは、現在スポーツジムでインストラクターをされていますが、2018年にはこんなニュースがあったようです(ある予定です)

1月にインストラクターを辞める。インストラクターデビューから見守っていてくれたお客さんもいるので、少しさみしい

X月自分自身のジムを女性専用ジムオープンする。働く女性や初心者も楽しめるジムを作りたい

思いもしなかった重大発表でした。昨年教育担当副会長としてクラブでリーダーシップを発揮したM井さんらしい、素晴らしい行動力だと思います。

 

さて、準備スピーチ最初のスピーカーはM井さん。

プロジェクトは、情報を提供するスピーチ #3実演スピーチ

タイトルは「NJPJ」

「NJPJ」とは、「Nenga Jo ProJect (年賀状プロジェクト)」とのこと、年末の今日にぴったりの内容です。

一年の振り返りとして、取りっぱなしの写真を整理して年賀状を作成てみては?という提案です。

M井さん自身は、振り返りだけではなく一年のテーマを四字熟語と干支に絡めて設定し、写真を集めているそうです。

2015年は、「一点集中」日本モンキーセンターで朝から夕方まで猿の写真を撮りためたそうです。

2016年は、酉年の年賀状ということで、「一石二鳥」台湾での仕事がてら、台北市動物園で鳥の写真をとりためたそうです。

そうなると気になるのは、今年作成の年賀状。来年の干支に合わせて「犬」の写真をニュージーランドで、やや強引に集めてきたそうです。キーワードは「一期一会」。内容は届いた人のお楽しみ。

締めのキーワードは「一日一生」日々の暮らしの充実にNJPJを取り入れてはいかがでしょう?

 

続いてのスピーカーは、ゲストのK村さん

プロジェクトは、物語の話術 #4感動的なストーリー

タイトルは、「犬の一生」

12年前にやってきた生後3ヶ月のメスの柴犬 さつきちゃんとの思い出を、感動的に語っていただきました。

臆病でも家族の人気者だったさつきちゃんが、2年前メラノーマを発症。

検査の結果、下顎を切除する手術をすることに。手術は成功し、今も元気に生活しているとのこと。

ただ、もう人間の年齢だと63歳。毎日散歩してはいるものの、徐々に体力は落ちてきているよう。

大切な家族の一員として、最後もしっかりと看取ってあげたいとの、心温まるストーリーでした。

 

論評の部に移って、最初の論評は、M井さんへの論評 H川さんです。

良かったところ、改善の提案ともに具体的な指摘で、スピーカー以外のメンバーにも役立内容でした。

 

K村さんへの論評は M田さん

改善の提案として、さつきちゃん視点の物語に組み替えてもいいのではないか?という指摘には一同目から鱗でした。

 

さて、本日の受賞者は、

ベストテーブルトピックスピーカー

M田さん

 

ベスト論評者

M田さん

 

ベストスピーカー

M井さん

 

なんと、M田さんの二冠達成です!!

 

 

受賞者記念撮影

続きを読む 0 コメント

第194回市川スマイルTMC例会記録

「トーストマスターズに先生はいません。参加者みんなが先生なのです。」

 

よく言われる言葉です。その先生の役割を果たすのが論評者。あなたのスピーチをよく聞いてくれて、それに対して良かったこと、さらに良くするにはどうすればいいかを率直に、親切に教えてくれます。そんな集まり、なかなかないでしょう?

 

さて今日、例会全体を見渡す総合論評を担当したのは、T中マー君です。

 

今日の言葉は、「触媒」という化学用語。触媒とは「それ自身は変化せず、他の物質の化学反応を速める物質」のことです。そんななじみのない言葉を、彼が論評の説明にうまく使ってくれました。

 

「総合論評者は、自分が何かを進んでやるわけではありません。ただ皆さんの話を聞いて、気づいたことを指摘し、スピーカーの上達を促進するだけ。まさに触媒のようなものです。」

 

おみごと!

 

そして、その言葉のとおり、スピーカーに則した、丁寧で、密かな情熱にあふれた総合論評を繰り広げたのでした。私は今日、苦手とする論評に挑みました。彼の「論評に対する論評」が触媒となって、「論評って面白いかも。これから積極的にやってみようかな?」と私の論評魂に火をつけたのでした。

 

こんな風に、市川スマイルクラブでは、素晴らしい論評が受けられます。

 

~人と楽しく会話できるようになりたい

~人前でも、緊張せず話せるようになりたい

~仕事で、人間関係をうまく築けるようになりたい

 

そんな人達にとって、ここは、またとない場です。

 

次回は、12月第4週が祭日のため、特別に第3週の一週間後。

多くの見学者の来場をお待ちしています。

12月16日(木)17時半、いつもの場所でお会いしましょう!

 

第192回市川スマイルTMC例会記録

全国津々浦々にあるトーストマスターズクラブ。その中で唯一、市川スマイルクラブだけにある役割:リアクションリーダー(たぶん・・・)。スピーカーへのリアクションを率先して促します。

 

今日のリアクションリーダーは、異国生まれのラ美ちゃん。生まれつきのリアクションリーダーの彼女。今でも語り継がれるすごいリアクションの数々が思い浮かびます。

 

そんな彼女も当初、日本語の役割説明は苦手のようでした。が今日は「リアクションがなかったら、心が寒くなるでしょう?!」と、その大切さを自然体で、熱く、力強く語りかけます。一年足らずのその上達ぶりに、会場に笑顔と感激の空気が広がりました。

 

声優をめざす彼女は、今ではテレビのナレーターの仕事もしています。そんな真剣勝負の現場に、様々な課題をもつだろう彼女だからこその上達なのでしょう。

 

私も、自分の「現場」を再認識。そこでこのクラブでの経験をどう生かしていくか、あらためて問い直したのでした。

 

今日の準備スピーチ。まずは家族関係悪化を経験したHさん。断絶から復活へ向かう道のりを静かに語り、家族との時間の大切さを訴えました。甥っ子とのふざけあう一コマが心に残ります。

 

次は、スポーツトレーナーのMさん。バランスボールで体幹を鍛え猫背を直そう。そんな役立つ話。会場から聴衆を選んで実演することで、聴衆を巻き込んだ説得力のあるスピーチになりました。

 

最後は、空手が命のSさん。「押忍っ」の掛け声でスピーチ開始。「手→唐手→空手」といった歴史、試合での一コマを、門外漢にもわかりやすく、ユーモアを交えて語ります。締めは道場へのお誘いで沸かせました。

 

語りたいこと-

伝えたいこと-

好きなこと-

 

スピーチは、そんなトピックスを選び、ストレートに話せばいいんだな。3人の話を聴いてそう思いました。

 

次回の例会は、11月25日(土)17:30〜19:00。

参加者が少なくなりがちな師走に向かうこの時期、お気軽に見学にいらしてください。心よりお待ちしています。

 

続きを読む

第191回市川スマイルTMC例会記録

 「ハロウィン例会」と題された今日この夕べ。

 少なめの参加者。「仮装してくる人いるのかな?」そんな私、TMOE(司会)の心配をよそに、多くの人が仮装し、盛り上がり、楽しいパーティになりました。

 

 なかでも際立っていたのは、念入りにゾンビメークをしたテーブルトピックスマスター・K山さん。恰好だけでなく、声色、動作までゾンビになりきる!会場は「恐怖の墓場」と化しました。

 次々に血祭りにあげられる犠牲者たち(注:指名されたスピーカーのこと。笑)。ちょっとしたショーでした。

 

 印象的だった犠牲者のひとり、Iさん。話が終わり、制限時間の緑札が出るまでしばらく、無言で立っていました。凛とした存在感ある立ち姿に目を離せません。スピーカーのIさん「わたし」と、観衆「あなた」たちの間に、充実したやり取りが交わされていたように感じました。赤札が出るまで、続けてほしかったような。笑。

 他の人だったら全く違う空気感になるんだろうな。「無言で皆の前に立つ。」そんなコーナー、面白くてタメになるかも?題して「スピーチレススピーチ」笑。

 

 さて例会のヤマ、準備スピーチです。スピーチには、自分のことを具体的に話す「わたし」と、聴く「あなた」へ伝える意思・配慮が同時に必要だ、という考えが浮かびます。何を当たり前のことを?ですが、3人のスピーチの中に、それが明快に見えたのです。

 

 一人目のスピーカー。今の「わたし」の仕事ぶりを、さらりと紹介します。“やらなくていいことはやらない。やらなければならないことは手短に。”がモットーだというTマー君。

 ユーモアで会場の空気をつかんだ冒頭に続くテーマは、徹底して具体的で合理的です。だからこそ「明日からでもそのやり方やってみたい!」と「あなた」に思わせるスピーチになりました。

 

 二人目のスピーカー。数年前、うつ病を患った「わたし」の体験を語るT()さん。重くなりがちな話を、深刻にならずに、落ち着いて淡々と話します。それができるのは、苦労した自分に浸らず、「あなた」という他者を意識し、伝える意図をしっかり持っていたからかもしれません。

 回復のきっかけになった行動のひとつが部屋の掃除、というのが具体的で心に残ります。自分を見つめることの大切さを伝えました。

 

 三人目のスピーカー。10年ほど前の「わたし」を語ります。なんとハロウィンにピッタリの金縛り・幽霊体験!それを自分の意思で克服した話。ゴーストバスターズの仮装に身を包んで熱く語るA國さん。力づくでバッ!と金縛りをふりほどいた様子をジェスチャーで再現。

 ハロウィン例会に参加している「あなた」を楽しませよう!強い気持ちが大切だと伝えよう!そんな意思が明確に見えた、パワー溢れるスピーチでした。

 

 日々の生活に不可欠な「わたし」と「あなた」。そのことを意識せざるを得ないスピーチ経験は、様々な場面でのコミュニケーションに役立つだろうと思います。ぜひ皆さんもいちど、スピーチ体験、してみませんか?

 

次回例会は11/11()17:30〜19:30。

たくさんの見学者の参加、お待ちしています。

 

 

続きを読む