第190回市川スマイルトーストマスターズ例会記録

前回例会から約1ヵ月後となる本日、H松会長の挨拶にもありました通り、お久しぶりの再会となる皆さんの服装からも季節の変化が感じ取れました。

 

さて、本日はK栖さんの入会式から開始。会員担当副会長のK山さんがインタビュー形式でK栖さんのお人柄を紹介してくださいました。参加のきっかけ、クラブの印象、(話せる範囲で結構ですのでという前置きの気遣いしつつも)どんなお仕事をされているか、趣味、入会後の目標など。

多趣味でいらっしゃるK栖さん、どんなお話を聴かせてくださるのか楽しみです。これからどうぞよろしくお願いいたします!

 

本日の例会の司会者・TMOEは、安心感を与えてくださる視線を持つI葉Kさんです。

 

今日の言葉は「流石」

「この漢字は読めますか?」今日の言葉を担当するA國さんがLビータさんに問いかけると…

「『さすが』です」「おぉ~」「さすが」は、このように感心することを指す意味ですが、「『さすがに』Lビータさんも語源は知らないでしょう」と言うように、一方を認めつつも「さすがに」と相反する感情を抱く時も使います。また、語源とされる故事「「漱石枕流(そうせきちんりゅう)」には、自分の失敗を認めず、へりくつを並べて言い逃れするという意味があるとのこと。「枕石漱流(ちんせきそうりゅう)石を枕にして川の流れで口をすすぐ」と言いたかったのに、誤って「漱石枕流」と言ってしまったことを認めず、「流れに枕するのは耳を洗うためで、石ですすぐのは歯を磨くためだ」と言い返したという逸話からくる意味で、夏目漱石というペンネームの由来とのこと。まるで一つの完成されたスピーチを聴いているようでした。さすが~!

 

計時係・集計係・えーとカウンター・文法係・リアクションリーダーの各役割説明の後、24時間以内にあった良かったこと&新しいことを、全員で輪になって話すGood&Newを行い、例会進行のためのウォーミングアップは完了。

 

本日のテーブルトピックスマスターは、Tハオさん。 

「昨年東京に転勤してきました。これまでに住んだ場所は2か所あり、それぞれよいところです。でも、他の場所にも住んでみたいと思います。皆さんのお薦めの場所を教えてください。」 

「旅行に行くことが好きです。暇な時にはどこに行きますか。」 

「日本の習慣、外国の習慣は違います。外国人が日本の習慣を知らないと、日本人の方は気を悪くするかもしれません。外国人が知っておいた方がよい日本の習慣を教えてください。」 

「海外から友達が来た時に食事をするためのお店の予約がとれない、など困ることがあります。どのようなお店がお薦めですか。」 

前半2問は具体的な場所を挙げて、なぜそう考えるかの説明でK山さん、N木さんが回答、3問目は普段考えたことがないと難しいところですが、本日入会のK栖さん、がんばりました。飲食店の一種であるスナックは「スナック菓子」と間違える方がいるとのこと、なるほど!4問目の回答は、他クラブに所属されていて、本日、遊びに来てくださったS水さんで、お寿司屋さん、そのなかでも回転寿司店とのこと、参考になります!

 

本日が例会参加3回目のTハオさん、準備をしっかりされており、素晴らしいテーブルトピックスマスターとしての進行でした。質問も言葉の選択も丁寧でお手本にしたい、また、日本語を母国語とするものとして、Tハオさんのお手本となるような話し方をしたい、と思わせてくださる方です。

 

次は準備スピーチ。  

1人目のスピーカーはM幸さん

CC#7「トピックのリサーチ」 題名:「キャリアドリフト」 

今年5年ぶり4回目の転職をされたM幸さん。ご自分のキャリアの変遷を示す言葉は「キャリアドリフト」と言えるのかもしれないが、ドリフトは漂流という意味であり、あまりよい響きではないことから、何か他の言葉はないか、と考えていたところ、知ることになった「計画された偶発性理論」という考え方。「偶然」に出会うためには、何も行動せずに待っているのではなく、5つの要素「好奇心・持続性・楽観性・柔軟性・冒険心」を持って、自身の資質を伸ばすことが必要。転職を考える方は、この理論を参考にされてみてはいかがでしょうと、時に笑いも起こるスライド内容とともに、分かりやすくスピーチしてくださいました。

 

2人目のスピーカーはT橋Tさん

CC#9「パワフルな説得」 題名:「そのコーヒーには課題がある」 

ユニークな視点と巧みな言葉使いで、上蓋付き紙コップで提供されるコーヒーの課題を示し、その解決策まで導いたT橋Tさん。上蓋なし紙コップで飲むコーヒーはコップを大きく傾けなくても飲める、一方、上蓋付きの場合、紙コップの縁よりも、上蓋の縁の方が高いため、上蓋なしに比較して大きく傾けないと飲むことが出来ない。この傾きのギャップが、上蓋付き紙コップコーヒーが人の口を火傷させる原因であり、このコーヒーの課題である。それを解決するためには・・・。解決策を知りたい方はぜひ例会にいらしてください!

 

3人目のスピーカーはH松さん

「楽しませるスピーカー」よりAC#1「楽しませるスピーチ」 題名:「ある日、雪の坂道で」

ボーカルバラエティ、ボディランゲージ、H松さんが、これまでに学び、身に着けられたスピーチの質を高める要素をふんだんに盛り込んだ、聴きごたえのあるスピーチでした。家の近所の雪の坂道、上がれなくなった配達車を近所のお姉さんたち、お姉さんの旦那さんも加わり、皆の工夫と協力で無事上がらせることができました。車を押し上げる時についたズボンの泥汚れはクリーニングに出しても落ちず、同じ事態になってももうやらない、という考えがよぎったこともありました。しかし、後日、あの時の車のお兄さんがH松家の担当地域の方であることが分かり、協力して事を成し遂げた心地よさをもう一度思い出しました。やっぱりやろう、でも「今度は泥に十分気を付けながら」。会話形式と状況説明のバランスが良く、秀逸。

  

休憩を挟んで論評の部。私Mi井が総合論評を務めました。文法係の方が所用で途中退出されたため、適宜指名させて頂きました。文法係の役割は(おそらく、えーとカウンターも)、予め当てられていないと気づくことが難しい、、と改めて感じました。とは言え、突然の指名にも関わらず、H松さんの比喩の豊富さなど印象に残った言葉の特徴について挙げてくださいました。各スピーチに対する論評者は、H川さん、1ヵ月だけ例会を休もうと思っていたら、気づけば5ヵ月ぶり!の参加になるT田さん、Mu井さん。各論評者がそれぞれに改善点として示したポイントは、スピーカーにも、他の参加者にとっても納得のいくものだったと思いました。

 

本日の受賞者

頑張った大賞:挑戦の姿勢を身体で示したS水さん

      (コスプレは頑張ってやっている訳ではない、とのことではありますが…)

ベストTTスピーカー賞:S水さん (ダブル受賞!)

ベスト論評賞:Mu井さん 

ベストスピーカー賞:H松さん 

でした。 

  

最後までお読みいただき、ありがとうございました! 次回例会は、10/28(土)17:30よりI-linkで行われます。 ご興味のある方はぜひ足をお運びください。  

 

続きを読む

第189回市川スマイルトーストマスターズ例会記録

通常の例会は第2・4週土曜の開催ですが、4週目は祝日で会場が閉館のため、1週前倒しの第3週目に開催となりました。変則の開催でもピチピチの現役大学生の男性ゲストを1名迎えてアットホームな雰囲気で例会スタートです。

 

すっかり市川スマイルの顔となったH会長の挨拶から始まり、TMOEを務める私、Mu井にバトンタッチ。

今日の言葉は私から「直向き(ひたむき)」を紹介しました。 

意味は、ひとつの物事だけに心を向けている、一途に打ち込むさま。

「ひた」は一途にまっすぐにという意味があり、「ひたすら」「ひた隠し」などに用いられます。司会をやりながら今日の言葉を使ったカウントをするのは大変だと大ベテランのM田さん素晴らしく自然なふるまいで引き受けてくれました。

 

まずは、今日の例会を一緒に作るヘルパーの皆さんから役割の説明です。

計時係:久しぶりに参加のK地さん。久しぶりだと説明も新鮮だったようです。

集計係:N山さんも久しぶりの参加で、実は初集計係でした。

えーとカウンター:Tハオさん。入会後初の役割、しっかりと説明していました。

文法係:R沙さん。エリアコンテストの準備にWロールにと大活躍です。

 

Good&Newは24時間以内にあった良かったこと&新しいことを気軽に話すコーナー。

ゲストの方も参加し例会のウォーミングアップもバッチリです。

 

一つ目のエキサイティングなコーナーは、テーブルトピック。

即興スピーチの練習をする機会です。大ベテランM田さんは、巧みな技術を使って思いがけないメンバーを指名することで、会場が爆笑の渦に。最近2児のパパになったM田さんからの質問はこちら。 

「子供の頃、どんな習い事をしていたか?」 

「もし3歳児だったらどんな習い事をしたい?その理由は?」 

「あなたの出身地はどこですか?そこでどんなふうに過ごしましたか?」 

「将来どんな家に住みたい?」

「好きなテレビ番組は?」

K地さんは意外にも書道初段。N山さんはゴルフを習っていて上司から恩恵を。Tハオさんはマレーシアの小さな街出身。Mu井は太陽に向かって回る家に住みたい。Tささんは引越ししたばかりでテレビがない、、、と皆さんの様々な一面を垣間見ることができました。

 

そして、二つ目のエキサイティングなコーナーは、準備スピーチ。今日は3名の精鋭です。 

 

一人目のスピーカーは、M幸さん。

題名「ヘッドハンティング」。

翌日のエリアコンテストに向けた予行練習です。

驚いたことに、クラブコンテストで披露した話から内容を大きく変更してきて、推敲した跡がみられました。人間と地球の関係を取り入れた所では、現実社会で人間が地球に負荷をかけている社会問題を意識したメッセージ性を感じました。シャイなM幸さんの小道具やジェスチャーに思わず吹き出してしまいました。

 

二人目のスピーカーは、O室さん。

CC#5ボディランゲージ 題名「はじめてのエリアコンテスト出場!」 

O室さんもエリアコンテストに向けた練習を準備スピーチの形式にしてスピーチしました。

こちらも変更どころか全く違う内容になっていて、びっくりです。クラブコンテストでの愛のある指摘や率直な感想を受け止めて改善し、わかりやすい内容に仕上がっていてその直向きな姿勢に感動しました。

 

三人目のスピーカーは、Mi井さん。

AC管理職としてのスピーチ #3 Persuade and Inspire

題名「2つのうち1つを選ぶ」

オオトリのMi井さんは、これまで聞いたことのない上級マニュアルの難関なプロジェクトに果敢に挑みました。事前に資料を用意し、プロジェクトの意味を正確に捉えることができるようにあえて英語のまま記載し日本語訳もつけてくれて、準備の入念さと今回の話したい内容への思いに頭が下がりました。”恐れの感情”と”愛の感情”について、具体例を用いながら女性らしい優しい口調で話す姿をみて、こんな上司だったらいいなぁと思いました。

 

論評の部は前会長のTささん。さすがのタイムマネージメント!一人ひとりに丁寧なコメントをし、ぶつ切りにせず論評者全員そして会全体をひとつのくくりとして捉えて、まさに総合論評という技量をみせてくれました。自分たちの「枠をこえた」例会と表現してくれました。

 

さて、受賞者発表です。

頑張った大賞:Tハオさん

ベストTTスピーカー賞:Mu井

ベスト論評賞:K山さん 

ベストスピーカー賞:M幸さん 

でした。 

 

最後にゲストの大学生の方は、元気に感想を述べてくれました。

 

次回例会は、約1か月後と先になりますが、10/14(土)17:30よりI-linkで行われます。 

ご興味のある方はぜひ足をお運びください。 

 

以上です。 

最後までお読みいただき、ありがとうございました! 

 

 

続きを読む

第188回市川スマイルトーストマスターズ例会記録

今回の例会はN木さん、Tハオさんお二人の入会式からスタートしました。

シンガポールから日本に来られて、日本語の勉強をしたいTハオさん、

人前で緊張せず目を見て話す練習をしたいN木さん。

きっかけは様々ですが同じクラブで切磋琢磨して頑張っていきましょう。

 

今日の言葉は「鍛錬」。

千日の稽古を「鍛」とし、万日の稽古を「練」とす。

宮本武蔵 五輪の書からの引用で、ご自身も武道を志されるS蒲さんらしく、言葉とその思いを紹介をされました。

えーとカウンターは本日入会したばかりのN木さんが務め、しっかり役割を紹介されました。

リアクションリーダーはリアクションの女王、Lビータさん。早くもリアクションで会を盛り上げます。

 

テーブルトピックでは、Mi井さんより、本にまつわるトピックが出題されます。

「整理にまつわる話」

「鼻を使う場面について」

「影響を受けた本」

「もし10冊だけ本を残すなら?」

前半二つ、普段考えることもないテーマにLビータさん、O室さんは苦労されつつ、スピーチを頑張りました!後半二つは、ベテランのM田さん、J見さんが、印象的な作品を想いを込めて語ります。「暗いところで待ち合わせ」「マリア様が見てる」とお話を聞いて読んでみたくなりました。

 

さて準備スピーチです。今日は3本。

 

1本目O河内さんより、

CC#7「トピックのリサーチ」 題名:「人間関係改善の秘訣!」。

インナーチャイルドという潜在意識に潜む子供のような心を癒し、トゲトゲした感情をなくすセラピーについてのご紹介です。冒頭の問いかけから、落ち着いた語りかけがまさにセラピーのようで、聞いたこともないお話に引き込まれます。

 

2本目7月に入会されたばかりのI葉さんより、

CC#1「アイスブレイク」 題名は「あさぎ染めでも・・・」。

開始前に緊張していますとおっしゃってましたが、スピーチ開始時に深呼吸し軽く肩を回され、その後ご自身のペースで落ち着きしっかりスピーチされました。「剣道」にはまったきっかけから、なかなか昇段できない苦しさ、仲間からの励ましの言葉を、ボディーランゲージとボーカルバラエティも交えて笑いも誘いながら再現されました。最後はまさに今日の言葉「鍛錬」の志をお話しされました。

 

3本目は本日入会されたばかりのTハオさんより、

同じくCC#1「アイスブレイク」題名は「アバウト実」。

マレーシアの代表的なフルーツを紹介しながら、自分の性格をそれらフルーツの特徴に例えながら紹介するという斬新な自己紹介でした。内容は1週間前の打診からまず英語の原稿を作り、日本語に翻訳し、日本人の友達に添削してもらって準備されたそうです。短い準備期間にもかかわらず、原稿を見ず、日本語に詰まることもなくスムーズなスピーチを達成されました。

 

論評の部は私K山が総合論評を務めました。私は今回の例会は一言でいうと「新しい風」だったと思います。今回入会式から初めての役割にアイスブレイクスピーチ2つと新しいメンバーの皆様がそれぞれのコーナーで卒なく、さらに一味加えてやり遂げられている姿が目立ちました。トーストマスターズでは様々なバックグラウンド、パーソナリティを持ったメンバーが集まりますので、それぞれがこれまでの学校や会社ではなかった刺激を与えあい、化学反応を起こしていく、これもクラブの醍醐味の一つだと思います。今回新メンバーが加わり、クラブにまた新たな広がりが出てきたと感じた例会でした。

 

さて、受賞者発表。今日は

頑張った大賞:「今日の言葉」のS蒲さん

ベストTTスピーカー賞:Lビータさん、M田さん、J見さん

ベスト論評賞:M田さん(ダブル受賞!)

ベストスピーカー賞:I葉さん

でした。

 

最後に見学でいらっしゃったK栖さんより入会宣言いただきました!

 

このように広がりつつあるクラブの次回例会は9/16(土) 17:30よりI-linkで行われます。

ご興味のある方はぜひ足をお運びください。

 

以上です。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

 

 

 

続きを読む

第187回市川スマイルトーストマスターズ例会記録

今回の例会はクラブコンテスト!

 

トーストマスターズでは1年に2回、コンテストが行われます。(来年からは年1回)

上位入賞者はクラブ→エリア→ディビジョンとだんだん大きな区分でのコンテストへと進み、

日本語ではディストリクト(全国区大会)で優勝すれば日本一!

英語大会ではさらに国際大会へと夢の広がる、そんなコンテストです。

ちなみに去年は、わがクラブからM永さんがディストリクトコンテストに出場され、大いに盛り上がりました。

 

さて今回のコンテストのテーマは、「ほら吹きスピーチ(トールテール)」です。

「何それ??」と思われる方も多いと思います。このテーマ、4年に一度しか行われないので

クラブ会員にとってもなじみのないものです。

トールテール、元々は合衆国での西部開拓時代、開拓者たちがキャンプファイヤを囲み、酒を飲みながら

大げさなほら話で盛り上がったのが発祥だとか。

このコンテストも、いかに大げさにあり得ない話をするか、を競うものとなっています。

 

コンテスト委員長であるわれらが会長H松さんの挨拶からスタートです。

今日はネクタイ姿で若干緊張の面持ちでもそこはそつなくコンテストを進行されました。

 

コンテスト審査委員長はエリアディレクターのS山さん。

早速ほらを交えてのコンテスト案内。

 

さあコンテスト開始、今回のスピーカーは4名です。

 

Mi井さん テーマ「視点」

M井さんが開発した不思議な視点メガネ。はるか遠くの星々がくっきり見え、地球の裏側も、

人の心も自分の心も見通せる凄いとのこと。でも人の心が見えるというのは、「うそでーす」と

M井さんらしい不思議ワールドが広がります。「視点」と「四点」をかけていたそうですが、

3つ目、4つ目は心の中というのが面白いです。

 

O室さん テーマ「あの椅子にまつわる、本当の話」

俺は「ハレー彗星」76年ぶりの地球とあいびき。娘が生まれて、幸せな日々。でもいつかグレて。。。

O室さんはクラブではラップスピーカーとして有名なのですが今日も韻を踏みつつリズミカルにほらの情景を紡ぎだします。

聴衆から笑いを取りつつ、父の愛情がちょっと切ない、そんなお話でした。

 

T中まさん テーマ「採用面接」

テーマから、就職活動中の大げさなお話が展開されるものだと思ったら、なんとファンタジーなお話。

王国に現れた山より大きなドラゴンを倒すため、国王が勇者を採用面談します。

勇者も国王も武勇伝をふかしまくり、落ちもなるほどーと納得のほら話でした。

 

A国さん テーマ「言葉のないコミュニケーション」

英会話をわかったふりだけで、ケンブリッジ大学をご卒業されたA国さん。

相手の雰囲気を察し様々なわかったふりリアクションで乗り切られたそうです。

その内容の研究を重ね、ノーベル賞候補にまでなられとか。

外国語あるあるから広がるほら話、大いに楽しませていただきました。

 

採点集計中、スピーカーへのインタビューがMu井行われました。

スピーチ制作の裏話や座右の銘などがうかがえました。

お二人の方の座右の銘が理由は違えど「Stay hungry, stay foolish. 」と偶然の一致。

 

さて今回の入賞は

1位 T中まさん

2位 O室さん

 

おめでとうございます!お二人ともエリアコンテスト応援しています!

 

このあと、今回のゲスト、日本橋TMCのS蒲さんより

入賞されたほら話をご披露いただきました。

銀座No1ホステスで潜入捜査官でもあるS蒲さん。TMCあるあるを交えつつ、

華麗なアクションで犯人を捕まえられました。

軽快かつ周到なセリフ、多彩な演技、声色の使い分け、お話の展開と

素晴らしいスピーチでした。

 

さらにこの後、コンテスタント応援コーナーとして、

スピーチをどう準備されているか、皆でお話しました。

キーワードをかいつまんでご紹介します。

 

・活舌の練習「外郎売りの口上」

(Lビタさん暗唱できてる!)

・スピーチはとことん練習派

 録音した声を自分でずっと聞く

 パートごとにとことん練習

 カラオケ借りてひたすら練習(なんと100時間)

 お風呂中や自転車通勤中に練習

・一人の練習が恥ずかしいのでやらない派

・ボーカルバラエティは、その人になりきる、やる気、覚悟

 ボーカルバラエティをやらないとなりきらない内容で

 自分を追い込む

 

皆さんそれぞれの練習方法が参考になりました。

 

最後ゲストコメントにてTハオさん、入会宣言!

次回入会式の予定です。

 

そんな次回例会は9/9(土) 17:30よりI-linkで行われます。

ご興味のある方はぜひ足をお運びください。

 

以上です。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

 

 

続きを読む

第186回市川スマイルトーストマスターズ例会記録

盆にかえらないものが2つあります。一つはこぼれた水。もう一つは我々、本日の会に参加したメンバーです。

 

その人数は16人、さらに2名の見学者が加わりました。ヒグラシが鳴き夕日が沈む中、会は始まりました。

 

この会は「例会」と呼ばれます。(英語ではmeetingです)

例会には決められたプログラムがあり、それは参加者がコミュニケーション能力を高めるために設計されています。

 

墓参りに作法と手順があるように、例会にもそれらがあります。最初は一つ一つの意味が分からなくても、続けていけば分かることがあり、上達も感じます。そして上達している人は、その立ち振る舞いで他の人と違っていることが分かります。

 

今回の司会者もそういう人の一人、G井さんです。彼は臨機応変な対応に定評があります。例会を支えるメンバーを滞りなく紹介し、ウォーミングアップを済ませました。

 

テーブルトピックス(即興スピーチのプログラム)ではこのような質問が出ました。

 

1、あなたが今まで人生の中で痛かった経験を教えてください。

2、あなたは子供の時はどんな子供でしたか。

3、お酒にまつわるエピソードを教えてください。

4、100万円あったら何に使いますか。

 

1分から2分半の間、話し続けます。

渋滞の車の中で話してみてはいかがでしょうか。

苦手なテーマで2分話続けるのはなかなか難しいですよ。

 

スピーチは3名が披露してくれました。

1.Hさん 「立て直す力」

2.TMさん 「新世紀トーストマスターズ」

3.Aさん 「9番目の芸術」

 

スピーチにはマニュアルがあり、目標があります。

各話し手が工夫を凝らしてその目標を達成しようとします。

それを評するのが論評者の役割です。

 

3名の論評者がスピーカーの工夫を認め、達成を褒め、改善点を示しました。

 

本日の受賞者は以下の4名になりました。

頑張った大賞 TLさん

ベストテーブルトピックス賞 TTさん

ベスト論評賞 Mさん

ベストスピーカー賞 Aさん

 

次回の例会は、8月26日(土) 17:30-19:30 @市川市I-linkルーム

秋季大会への出場者を決めるクラブ内コンテストです。

いつもとは違った内容ではありますが、見学は受け付けています。

ご希望の方はお気軽にご連絡ください。

 

続きを読む