5/13 第180回 例会記録

13/05/2017 第180回市川スマイルトーストマスターズ例会

 

第180回例会は通常例会とは異なり、スピーチ盛りだくさんのスピーチマラソンでした。

 

例会始まりの挨拶はフィリピンの留学を終えて本日から復帰のT橋Tさん。

いつものT橋T節を盛り込みながら、会場を和ませてくれました。

この日の司会はO室さん。初となる司会で緊張気味でした。

 

今日の言葉を担当したK山さん。役割説明の際いきなり歌を歌い始めて、周りをびっくりさせました。そんなK山さんが選んだのは「織りなす」。使用するのには難しい言葉ですが、日本語の美しさに改めて気づかされました。

 

Good&Newのコーナーで、来月仙台にお引越しされてるとのことを報告されたM永さん。奥様が引っ越し代を安くしてくれたお話しをされてました。

H松さんは、将棋のお話しを取り上げておられましたが、ご自身はよくわからいと言われ、会場の空気を和ませてくれました。

 

今回の準備スピーチは5人。

1人目のLビタさんは自分の夢である「声優になりたい」という強い思いを話してくれました。

 

2人目のO河内さんは、市川スマイルトーストマスターズでご自身が成長されたことをお話しされました。

 

3人目のH松さんはスピーチの楽しさのお話しをしてくれました。前職でスピーチの機会を得たことで、意識が変わったり、話し方がわかったりについて話されていました。

 

4人目のM永さんはトーストマスターズを通して夢を諦めないという姿勢を学んだことについてお話しされました。最後に市川スマイル1の努力家O室さんを見習うことが大事だというメッセージをくれました。

 

最後5人目はT田さん。京都の先斗町(ぽんとちょう)が生まれ変わろうとしているとのことをお話ししてくれました。街並みの写真を用いながらわかりやすくお話ししてくださいました。

 

 

今回の論評はベテランの方が多く担当してくれましたが、

初となる論評を担当したK山さん。はじめてとは思えない素晴らしい論評を披露してくれました。

 

そして、最後にサプライズがありました。例会に貢献した人を称えるプレゼントタイムでの出来事です。

いつものプレゼントの流れから、T田さんとO室さんが漫才を披露してくれました。

 

初の司会を褒めてほしいO室さん。

そして、なかなか褒めずに別の人を褒め続けるT田さん。

T橋Tさんにターゲットが変わると、褒めるポイントを否定し続けるO室さん。

そして、「まあ、無事に帰ってきて良かったか」と折れるO室さん。

最後はご唱和くださいと会場を巻き込み、「T会長、おかえりなさい」と声を揃えたところで大盛り上がりのオチでした。
役割がありつつも、サプライズを決行したお二人に感謝です。

 

 

 

次回の例会は5月27日(土)17:30~市川市I-linkルームで行われます、

 

 

 

続きを読む 0 コメント

4/22 第179回 例会記録

 

第179回例会は普段とは一風変わったM田さんによるスピーチワークショップの開催日でした。

 

沢山の方々にお越し頂き、会場にはなんと!

25名もの人が参加されました。

(ゲストさんは7名も!)

全国のM田ファンの皆様、お集まり頂きありがとうございます。

 

 

会長代理の挨拶に続き、

本日は入会式が行われ、

沢山の人に見守られながらもMドさん堂々とインタビューに答えられていて、

市川スマイルの有望株になりえる素質が垣間見れました。

ご入会おめでとうございます!

 

司会は現在急成長株のT橋さんです。

結婚式の二次会司会という大役を熟し、

落ち着いた雰囲気でスタートしました。

 

 

役割サポート説明の中で一際会場を驚かせたのは

今日の言葉「ファイトいっぱつ!」でした。

 

一見語彙力を増やすということにはつながりませんが

この言葉を話の中にどういれるかを考えさせる

今日の言葉担当O室さんからの挑戦状でした。

 

さすがは市川スマイルの皆さん、

締めの言葉に入れられたり、

中にはリポビタンDを購入してゲスト挨拶の時に飲む

という行動力のすごさを見せたゲストさんもいらっしゃいました。

 

 

Good&Newでは、たくさんの方にお話しいただきました。
中でも家族の朝食みんな朝マックだったが、

私だけ好物のエビクラタンだったという
家族愛がある話をされた方に興味をひかれました。

Goodですね!

 

準備スピーチ一人目は入会式を終えたMドさん。

タイトルは「日本人Mド」
事前準備していないとおっしゃっておりながらも

そうは感じさせない話の繋がりを見せ、

初スピーチにも関わらずユーモアのあるスピーチ内容でした。

 

中でも花粉症ということからマスクを買いに行き、

たくさんの商品の中から選ぶ際に

98%花粉カット、残りの2%は!?という

つっこみもある余裕を見せておりました。

準備スピーチ二人目は

本日ワークショップを控えておられるM田さん。

 

タイトル:「M田のようにスピーチする方法は~意見交換会の前座に変えて~」
事前アンケートの中で早口で話をできるようになりたいという意見に

答えるような形でスピーチが始まり、

 

出会った女性とはすべてデートをし、

合コンにもたくさん行き、

結婚パーティにも行き、

最終的に行き着いたのは結婚相談所。

そこで出会った奥様と結婚することに成功しましたが、

結婚相談所でアドバイスを頂いたのは

 

M田さんはー

もっーとーゆーっくり、はーーなーーす

といいですよ。

とのことでした。

 

早口が得にならないこともあるため、

そのままの速さでも問題ないという説得力ある回答でした。

 

 

本日のメインイベントM田さんによるスピーチワークショップ。
前日4時までご準備をされ、

本当にお疲れ様でした。

事前アンケートをもとに回答していくという形式で

スタートしました。

 

最初は準備の時間の取り方、

次にスピーチを最初に決めること、

次に結論、纏めの部分の作り方、

次にトピックの選択方法、

次にメッセージの有無、

次にスピーチの構成についての質問を

順番に回答しておられ、

 

スピーチを作る際に必要となることを

順番付けて回答することで

一本のスピーチを作るためには

こうすればよいという道筋が立っていると感じました。

 

 

回答の一つを取り上げますと、
今回のワークショップも準備スピーチも

原稿は決め決めで行っており、

脱線はしていないとのこと。

 

ただし、アドリブと書いている個所もあり。
私がいつも見ている自然体の姿は

影の努力のもと成り立っていることだと実感し、

私自身ファイトいっぱつ!の精神で

努力する必要があると感じた次第です。

 

 

今回のスピーチ、ワークショップ、論評ともに

どれも素晴らしくスピーカーにとっても聴衆にとっても

とてもためになる例会であったと思います。

 

 

次回例会は2017年5月13日(土)の17時30分より、

JR市川駅の市川市I-linkルームにて行います。

 

次回例会はスピーチマラソン

7名ものスピーカーがエントリーしておりますので、

多種多様な話が聞けると思います。

ためになるお話間違いなし!

 

たくさんのゲスト様のご参加心よりお待ちしております。

続きを読む 0 コメント

3/25 第177回 通常例会記録

3/25土曜日、第177回例会はお二人のゲストを迎え総勢19名で行われました。

 

今日のトーストマスター(司会)はG井さん。

昨日過ごされたプレミアムフライデーを引き合いに出され、

今日の例会をプレミアムなものと思って参加しようとの呼びからのスタートでした。

「今日の言葉」も「一期一会」と最初からなんだか特別な会となりそうな予感がします。

 

まずは市川スマイルトーストマスター恒例のGood&Newから。

最近あった良いこと、新しいことの紹介です。

その中で今日お忙しい中駆けつけてくださったI井さんからは、

パイロットの試験に合格されたことの報告がありました。おめでとうございます!!

 

次のテーブルトピックはわがクラブco-founderのJ見さんより、

5つのトピックをいただきました。

卒業をモチーフに卒業式、卒業の歌から人生の卒業(?)まで、

バラエティ豊かなトピックに皆さんドキドキしながらも

しっかりテーマに沿ったスピーチを披露されました。

 

さあメインイベントの準備スピーチです。

 

一人目はN山さん。「金融リテラシー」というテーマです。

学校では学べないけど大事な「資産運用の知識」を身につけるべく、

どこから手を付ければよいか分からないなりに考え

セミナーに参加されるなど奮闘されたお話でした。

東証で行われる女性初心者向けのイベントにも参加され

その様子がTVのニュースでも取り上げられたというエピソードが印象的でした。

#後でお話を伺ったら、金運を上げるために黄色の服を着ていかれたそうです。

2回目とは思えないくらい堂々とされたスピーチでした。

 

二人目はKリンさん。CC#4表現方法というむつかしい課題に挑戦です。

テーマは「私たちを幸せにしてくれるものは何?」。

スピーチもこの問いかけから始まり、ゆったりと間を取りながら

心理学者ロバート・ウォールディンガーの研究結果と共に

ご自身の考えをお話されました。

「富があれば家族と友達と一緒に様々なことができる、でも

 そういった人たちがいなかったらどうでしょう?」

人間関係の重要性を逆説的に示されました。

スピーチで印象的だったのはメモを使わず研究結果の内容を

すらすらと引用されていた事です。論評でも挙がっていましたが

たくさん練習された跡がうかがえました。

 

3人目のスピーチはT中(ま)さん。テーマは「未定」。

未定ではなく「未定」がテーマです。

 

冒頭の「あーーどうしよう!!(>へ<)」と

頭を抱えた身振りからのスタートに聞き手も引き付けられます。

なんと二日前まで内容が決まっておらず、そこから急いで準備したとのスピーチ。

「メモなんか見ないよ、だって作ってないもの」といたずらっぽく話す姿が素敵です。

お話の内容はまさに「未定」がテーマで、座右の銘は「予定は未定」と言うくらい

未定に矜持を持つ(?)T中さんが「未定」のメリットをウィットも入れつつお話します。

「計画的偶発性」というキャリア論も飛び出し、「そこで大事なのは5つのポイント、

あれとこれ、でも4つ目以降は今思い出せないのできっとそれほど重要じゃないよー」とのお話にこのスピーチのいったいどこまでが予定通りだったのかどれがアドリブなのか、見事煙に巻かれた楽しいスピーチでした。

 

 

最後のスピーチはH松さんの「赦すということ」。

こちらもCC#9 「パワフルな説得」という難しい課題です。

誰かを許せない気持ちを抱え、復讐や相手を避けたりすることが結局は自分を傷つけていること、その感情を克服し相手を赦すことの素晴らしさを、イランで起きた実話やご自身の体験より表現されました。非常に重厚なテーマですが、殺人犯を赦した母親の行動を身振りを加え熱く語り、また赦すことによる穏やかな気持ちを落ち着いた口調で語ることで静と動両面からパワフルに説得(=納得)させられた見事なスピーチでした。

 

今回特にどのスピーチも素晴らしく、一回限り、まさに一期一会な会だったと思います。

 

最後は受賞者発表です。 

 

・頑張った大賞        :I井さん

・最優秀テーブルトピック賞 :T田さん O室さんのダブル受賞です!

・最優秀論評賞       :M井さん

・最優秀スピーチ賞      :H松さん

 

次回例会は2017年4月8日(土)の17時30分より、JR市川駅の市川市I-linkルームにて行います。いつでもゲスト大歓迎、皆「スマイル」でお迎えしますのでご興味のある方はぜひご参加ください。

 

 

続きを読む 0 コメント

3/4 第176回 通常例会記録

 

 

今日は2回目のゲスト モハメッドさんを迎えて例会が始まりました。

 

 T橋会長の代理としてM井さんが開会宣言をされました。

M井さんの着ているビンクのセーターが春を告げるようでした。

 

そして、今夜のトーストマスター(司会)はH谷川さん。

今日の午前中までプログラムの大幅な変更にも対応されているにもかかわらず、

笑顔で落ち着いて司会をされている姿は「さすが」です。

 

 

そして始まりました。

Good&Newのコーナー。

このコーナーは全員が集まって輪になり

24時間以内に起きた良いこと、ニュースをみんなの顔を見ながら即席で答えるというコーナー。

 

それぞれの楽しい出来事、ウイットに飛んだできごとなどが垣間見れて楽しいひと時が過ごせました。

 

 

そして、テーブルトピックのコーナー

お題を出すのはT田さん。(テーブルトピックマスター)

 

テーブルトピックマスターから指名された人(スピーカー)は

そのお題に対して3分以内に起承転結をまとめ発表する。

という高度なスピーチ力を求められます。

 

 

お題は学生時代の思い出を中心に出されました。

(お題)                                                         (スピーカー)

①勉強した頃の思い出・・・学生時代、冬にアイスを食べた思い出など

②入学した頃の思い出・・・海外での大学生活について

③先生の思い出・・・・・・小学校の先生の思い出

④通学時の思い出・・・・・高校の通学時の思い出

 

みなさんは、こうしたお題を振られたらなんと答えますか?

ちょっと意識して考えてみるととてもいい訓練になりますよ♪

 

 

 

そして、お待ちかね準備スピーチのコーナーです。

 

今日の準備スピーチをされるのはお二人。

O河内さんとT橋洋さんです。

 

スピーカーはスピーチの段階ごとにクリアすべき目的があらかじめ設定されており

その目的を頭に置いてスピーチを行います。

 

 

 

O河内さんは CC#4 表現方法 お題は「制服フェチ」

 

気になるお題に、メンバー全員 頭の中でよからぬ妄想が・・・(笑)

ところがこの「制服」の意味するものは、日本帝国海軍の軍服のことだったのです!

予想外の展開に、みんなドッキリ!

横須賀にあるホンモノの戦艦ミカサが今は当時をしのぶ展示会場になっており

その中に展示してある東郷平八郎の制服がたまらなく好きというOさん。

制服に込められた「大和魂(やまとだましい)」の誇りを私たちに熱く語ってくれました。

 

次のスピーカーはT橋洋さん。

T橋洋さんは  CC#5 ボディランゲージ お題は「初のTMOEを終えて」

です。

 

T橋さんは先日市川スマイルトーストマスターズの司会(TMOE)を初めて体験されました。

その時に感じたこと、改善点をまとめスピーチされました。

TMOEの仕事とは何かをつかむこと。

当時までにたくさんのトラブルを乗り越えたこと。

少ない人数で当日の役割をみなさんに重複してお願いすることもTMOEの重要な仕事です。

その役割も、嫌がらずにみなさんが引き受けてくれたことに感動したことなどをスピーチされました。

 

その後、エリアコンテスト出場者応援コーナーとして

T中(ま)さんとH松さんがスピーチをされました。

 

T中さん、H松さんエリアコンテストで実力を発揮してくださいね。

応援しています。

 

 

今回の受賞者発表

がんばった大賞 モハメッドさん

ベストTTスピーカ賞 増田さん

ベスト論評賞 りゅうさん

ベストスピーカー賞 高橋洋介さんでした。

 

おめでとうございます。

 

 

次回は2017/3/25 17:30~ より、JR市川駅の市川市I-linkルームにて行います。

 

 

見学お申し込みは こちら です。

 

続きを読む 0 コメント

2/25 第175回例会記録 春季クラブコンテスト

 

 

今日は春季スピーチクラブ内コンテストです。

なんとなくピリッと緊張が走る会場の雰囲気の中

T橋会長からあいさつ

 

今日のゲストは3人。

①    日本橋トーストマスターズクラブのT中さん

②    日本橋トーストマスターズクラブのY本さん

③    秋葉原トーストマスターズクラブのY本さん

 

 

今回のコンテストチェアはT中さんです。

コンテストチェアからコンテストルールの説明の後

スピーチの順番が発表されました。

 

順番とお名前が発表されるごとに

みなさん(ノ゚ο゚)ノ オオォォォ-の声が。

 

スピーチは

1.T田さん

2.O室さん

3.H松さん

4.M井さん

5.M永さん

の順番に決まりました。

 

 

さっそくスピーチが始まりましたよ

 

T田さんは「ペットからのメッセージ」というお題。

運動不足の解消と子どもの頃家族に禁止されていたペットを飼ってみたいという二つの理由から犬を飼うことに。

犬種はゴールデンレトリバー。名前はオセロ。

最初は何をやってもかわいいと感じていたのですが、徐々に犬のおしっこの臭いと、噛み付く恐怖に悩まされるようになったそうです。

こんなはずじゃなかった。と後悔の気持ちが。

そしてついに里親に出すという辛い決断をされることに。

ご家族の心の変化とオセロとの別れの姿を丁寧にスピーチされました。

 

 

二人目はO室さん。

お題は「ノックアウトされてみろ」です。

対人恐怖を治すために20年前、ボクシングジムに通った時のエピソード。

倒れる前から人から励ましてもらおうという自分の甘えに気づき、自分の人生を立て直そうと決意。やりきって負けたら悔しがれ!そして立ち上がれ! ノックアウトされてみることで強い自分になる。そして、今人に関わるのが好きになったというO室さん。

ご自分の対人恐怖症と立ち向かった経験を、体じゅうで表現される迫力に圧倒されました。

 

 

三人目はH松さん

お題は「魅力的な人より魅力的になる」です。

魅力とは、期待を超えるギャップを作ることによって引き出すことができるそうです。

東日本大震災に支援物資を届けた江頭さんのエピソードを引用し「期待を超えるギャップ」とは何かを解説されました。

さらに魅力を引き出す大事なポイント3つ。

①言行一致

②純粋な気持ちからの行動

③誰も知られていない意外な一面

H松さん自身が会社でスピーチをした際の経験も織り込んで説得力あるスピーチでした。

 

 

四人目はM井さん

お題は「骨 骨 骨?」

ご家族のお墓の移転を機に、代々祀られているお墓の中身(つまりお骨)を素手でつかんで別の容器に移し替え、その際に感じたことをテーマにスピーチされました。

死んじゃったらどうなるのか? 残されたものは何なのか? 骨が残るけれどそこに見えない何かの方が大切なんじゃないか。という深いテーマに切り込んだ内容でした。

 

 

五人目はM永さん

お題は「友達っていいね」

自己表現が苦手な友達「ヤス君」との友情をテーマにしたスピーチをされました。

彼女との結婚をなかなか決断できずにいる「ヤス君」のトラウマは彼の父親。

父親と真正面から向き合うことによって自信をつけてもらおうという作戦。

お父さんに渡す手紙を書く内容について深夜まで何度も手伝ったというM永さん。

「本当の友達とは、相手の人生を自分の人生としていきることのできる間柄になること。」

ついに、トラウマだったお父さんに今までの感謝の言葉が言えた「ヤス君」の姿を隙間から見てM永さんは号泣したそうです。

M永さんらしいハートフルなスピーチでした。

 

 

これで5人全員のスピーチが終わり、会場は安堵の雰囲気に満たされました。

 

そして結果発表!

 

 

惜しくもO室さんは時間オーバーとなってしまいました。残念!

 

 

エリアコンテストに出場となったのが

H松さんとM永さんのお二人です!

(・ω・ノノ゛☆パチパチ

 

お二人共 エリアコンテストで

その力を存分に発揮してくださいね!

 

 

 

そして、例会後半はM井さんのワークショップ「トーストマスターズ教育システム」

トーストマスターズは、各自のモチベーションを高めるための工夫がされています。

今まで知らずにいた教育システムについてわかりやすく解説していただきました。

 

 

 

次回例会は2017年3月4日(土)の18時10分より、JR市川駅の市川市I-linkルームにて行います。

 

続きを読む 0 コメント